HOME > 投稿詳細

みんなのソーシャルオピニオン

自然保護のための取り組み

地球の温暖化などのニュースを耳にする事が多くなっているので、自分に何か出来る事が無いのかと考えて生活をしています。自然保護に取り組む仕事をしている訳では無いので、せめて普段の生活の中で役に立つ事が無いかを試行錯誤しているという感じです。私が日ごろから行っており、また周りの友達にも取り組みを勧めていることとして、割り箸を使わないというものがあります。レストランやコンビニエンスストアなどで割り箸を断って、マイ箸を持ち歩くことによって、木の伐採が少しでも減ることを望んでいます。一人ひとりの力は少しでも、多くの人たちが同じ努力をしていけば、必ずいつか成果が出てくる事を信じて周りの人にも声をかけています。

応援企業

伊藤文彦 千葉は、事業を通じて『みんなのソーシャルアクション』の投稿を募集しています。

投稿フォーム こちらのフォームより皆さんのアクションを投稿することができます。
会社名 伊藤文彦 千葉
WEBサイト 千葉市の身体障害者施設連絡協議会に参加している伊藤文彦さん
事業紹介 千葉市生活支援事業を、2001年4月1日に受託開設しました。 社会福祉法人宝寿会は充実した設備で、思いやりのサポートに取り組んでいます。 先日行われました千葉市障害者施策推進協議会の主な内容は、「会長の選出について」「副会長の選出について」などを含む全6項目を確認しました。 避難場所として近隣地域との防災協定などでの役割を通し、伊藤文彦理事長は施設法人として地域への連携を重視し取り組んでいます。 千葉市障害者施策推進協議会条例は、1992年3月19日に定められました。 施設を併設することで、障害を持つ方の憩いの場となり、交流が深まってきています。

みんなのソーシャルアクション

  • ▼バックナンバー
  • 1~8

応援サポーター一覧

このソーシャルアクションは、上記の応援サポーターの、WEBサイト、店頭、メールマガジン、社内報などにより募集を行っています。